AERO ENGINES

航空機用エンジン

超耐熱耐食合金、特殊素材等の精密部品で構成される
航空機用エンジンの部品加工には
最高の技術と品質及びその管理が要求されます。
私たちは、長年培ったノウハウを基に精鋭スタッフ全員が、
更なる要求にお応えすべく加工技術の開発に取り組んでいます。

部品の紹介

  • フロントファンケース

    Front Fan Case

    エンジンのファン・ブレードを覆うケース部品です。主に竪型NC旋盤による機械加工を行っています。

  • ベーン

    Vane

    圧縮機内の空気を整流するための羽根状の部品です。羽根の形状が性能に及ぼす影響が大きいので、高い寸法精度が必要です。

  • コンプレッサーブレード

    Compressor Blade

    エンジンの吸気側にある圧縮機内部の羽根状の回転部品です。ベーンと同様に、高い寸法精度が必要です。

  • ダクト

    Duct

    燃焼器部分を冷却する空気の吸入口になる部品です。特殊な耐熱合金製の部品で、難しい加工が必要になります。プレス、レーザー加工、溶接、などの工程を行っています。

  • シュラウドリング

    Shroud Ring

    圧縮機の空気通路の外側を覆うリング状の部品です。軽合金(アルミニウム)製の重要部品で、高精度の機械加工が必要です。

  • ハウジング、サブアッシー

    Sub-Assembly Parts, Housing

    エンジン燃焼器用部品のひとつで、製作工程のそれぞれに厳しい品質管理の要求があり、航空機部品として、高い要求を満たした加工品です。

MENU