GAS TURBINES

産業用ガスタービン

コージェネレーションシステム、
常用・非常用発電設備、船舶用発電装置、移動発電機車と、
あらゆる産業分野で活躍しているガスタービンシステム。
その中枢部であるガスタービンエンジンの部品にも、
私たちの生産技術が活かされています。

部品の紹介

  • ベルマウス

    Bell Mouth

    エンジンの圧縮機の吸気口にあたる部品です。二分割構造なので、半円状の鋳物素材を機械加工し、その後に円形に組立てて仕上げます。ローターの軸受けが組み付けられるため精密な機械加工が必要です。

  • コンプレッサーブレード

    Compressor Blade

    エンジンの吸気側にある圧縮機内部の羽根状の回転部品です。当社では、様々な大きさのブレードの加工を行っています。羽根の形状が性能に及ぼす影響が大きいので、高い寸法精度が必要です。

  • ベーン

    Vane

    圧縮機内の空気を整流するための羽根状の部品です。ブレードと同様に、高い寸法精度が必要です。

  • Disc

    産業用ガスタービン・エンジン部品、航空機部品ともに、さまざまなサイズのディスクを加工しています。機械加工、ブローチ加工、穴あけなどの精密加工により、エンジン各部のディスクが完成します。とくに、「ブローチ加工」では特殊な形状の溝の加工をしています。

  • ライナーアセンブリー

    Liner Assembly

    エンジンの燃焼器の部品で、耐熱性の金属材料で作られ、円筒形で多数の小穴があり複雑な形状をしています。当社では、機械加工からプレス、溶接、レーザー加工、仕上げなど多様な工程を自社内で実施しています。

  • エクゾーストアセンブリー

    Exhaust Assembly

    エンジンの排気口にあたる比較的大型の部品です。完成すると直径数メーター、数トンの重量になる例もあります。二分割構造のために、写真のように半割の状態で加工されています。このような部品の加工では、機械加工の段取りや治具の工夫、溶接作業者の技量が重要です。

MENU